スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バッテリー事件
マイキーが新年の初詣で、2014年の輝かしいスタートを飾り、
今年もとりあえず彼女のネタ生産に関しては安泰の予感。

一方で私はというと市川市弘法寺(ここのおみくじは辛口で地味にあたっている)で小吉、
「盛運で好調のようにみえながら、満ち足りた中にもなんとなく一抹の心寂しさを覚えるときです」
と、しっかり釘をさされました。
なんだろう・・なんかすでにすごい切ない。

さて、二人で進めているポルトガルグッズショップの制作もいよいよ本格化(?)し、
金曜日はマイキーの自宅で販売品撮影を進めようと、前日から準備を進める。


パソコンOK。
バッテリー充電OK。
三脚OK。
睡眠OK。

重い荷物を引きずり、意気揚々とマイキーの家に乗り込む。
さあ、いざ撮影だ!

M「どれから撮影するー?」
K「以前うまくいかなかったやつから・・あれ!?」
M「何?(いやな予感)」
K「まさか!」
M「(予感が確信に変わりつつある)」
K「ない!」
M「何が?まさか本体?(一応聞く)」
K「バッテリーが」


<(^0^)>




ポルトガルショップ、絶賛準備中です!

cat1
スポンサーサイト

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

【2014/01/19 02:26】 | ドバイの女王が送るかつかつな日々 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
おみくじ事件
1月2日、友人かとちゃんと神田明神へ初詣に行ってきた。

思えば私が故郷のポルトガルを離れ、未知の国ジャパーンにやってきて初めて初詣に連れて行ってくれたのもかとちゃんである。

確かあれは4月の終わりごろだった。
年が明けてはじめてお参りするので初詣だと言い張る私を彼女は生暖かい目で見守ってくれていた。

あれ以来彼女の視線が常に生暖かい気がする。

そんな事はさておき、神田明神におみくじを引いてくれる獅子がいるのをご存じだろうか。
体をくねらせながらおみくじを咥えてペッと吐き出してくれるハイテクな代物なのだ。こんな感じ↓



おみくじ箱を振るやつが結構混んでいたし、これはこれで結構愛嬌がある。
そこで思い切ってこのおみくじロボットに200円を入れてみた。

獅子が舞う。

ひたすら舞う。

待てど暮らせど舞う。

体をあっちへこっちへとくねらせて。



おみくじを引いてくれない。


段々くねくねが馬鹿にされているような態度に見えてきた。

横でバカ受けの友人。
うしろで待っている小学生。

仕方ないのでおみくじを諦めてそこから離れた。

男の子が200円を入れると獅子はまもなく彼におみくじを渡した。

神様にシカトされた。


新年早々心が折れそうだ orz

    ※本日の更新者はマイキーです。
【2014/01/16 16:18】 | 溺れるなまけものの日常 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。