スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
oh...
週に一、二回、通っているバイト先で、翻訳の手伝いをする事がある。

ほとんどの場合、よくわからん専門用語がこれでもか、これでもかと言うぐらい使われている上、
いつまで経っても句点がなくて、一文読み終わった頃には主語がなんだったか忘れてしまうというカオスっぷりなので、三十分もすると業界に対して殺意すら沸いてくる。

これで発狂しない産業翻訳者を真底尊敬する。

しかしそんな苦労とも今回は無縁さ!
グーグル先生のお力を借りてレッツ・自動翻訳!ビバ文明\(^o^)/

と、その前に翻訳のための前準備が必要だというのである。
翻訳する文章はPDFファイル形式。このままではグーグル翻訳にコピペできない。

機械様はPDFファイルの文章をOCRで読み取り、文字に起こしてくれるのだが、
どうやら文として、日本語として正しいかどうかまでは判断できないらしい。

その「間違った読み取り」を、原文を見ながら訂正するのが今回の私の仕事で、
至って単純な作業であるが、この機械様の読み取りがなかなか個性的で、言葉遊び好きの私としては大いに楽しめた。

分析化学  →  分析仕草
 顎にエル字型の手を添えてる感じの?

フレッシュ → オフレッシュ
 なんだかお上品

あっさりした味わい → あっきりした味わい
 何も伝わってこない

~問題ないと判断された。 → ~問題ないと判断されたoh
 アメリカ人かい。ohってなんやねん。

オンリーワン → オシリワン
 おちょくっとんのかワレ

やはりまだ人間の手助けが必要のようだ。
スポンサーサイト
【2014/09/04 21:22】 | 溺れるなまけものの日常 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。